レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

レーシック手術の副作用や後遺症(一覧)
HOME >> レーシック手術の副作用や後遺症(一覧)  ※リンクについて(運営者)

レーシック手術の副作用や後遺症(一覧)

レーシック手術は安全性の高い近視矯正手術と言われていますが、副作用後遺症が全く起こらないわけではありません。現在のところ、世界的にみても失明などの重い症状は報告されていませんが、軽度の副作用や後遺症は発生する可能性がありますので、事前に充分認識しておくようにしましょう。

ドライアイ
レーシック手術では涙の分泌を調整する神経を切り取ってしまうため、ドライアイになる傾向があります。人によっては、術後数か月ドライアイが続くことがありますが、目薬をさすことによって対策が可能です。
ハロ・グレア現象
ハロ・グレア現象とは、光による視界のブレのことで、レーシック手術後に夜間や蛍光灯の下で光をまぶしく感じたりにんじんで見えたりする現象のことです。術後およそ半数の人に現れる症状ですが、半年から1年程度で時間の経過とともに改善されます。
不完全なフラップ
フラップの作成を経験不足の医師が行ったり性能の悪い機器を使用した場合に、フラップが取れたり位置がずれることがあります。再手術で治すことができますが、状態が悪い場合は再手術できないケースもありますので、まずは腕の確かな医師がいる病院を選ぶことが大切です。
乱視
角膜にレーザー照射する際にずれが生じて、不均一な照射になってしまった場合には、乱視が起こることがあります。最新の機器は精度が高いので起こることは稀ですが、病院選びでは新しい機器を導入しているかどうかも確認することも重要です。
感染症
ごく稀に、角膜に細菌が入りこむことにより感染症が起こることがありますが、ほとんどの場合、目薬で対処可能です。
角膜拡張症
レーシック手術で角膜の中心部分を薄く削りすぎてしまった場合、眼圧によって角膜の中心部分が前方に拡張する症状です。近視が再発したり強度の乱視を引き起こしたりすることもありますが、術前に角膜の厚さなどしっかり検査をしておけば、起こることはほとんどないと言われています。

このように、レーシック手術で引き起こされ副作用や後遺症には、さまざまなものがあります。ただしその症状は人によってかなり違いがありますので、気になる点については事前にきちんと確認し、手術後に痛みや不具合を感じるようなら自分で勝手に判断せずにすぐに医師に相談するようにしましょう。副作用や後遺症についても正しい知識を持ち適切な対処をしていくようにしましょう。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.