レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

不正乱視はレーシック手術で治るの?
HOME >> 不正乱視はレーシック手術で治るの?  ※リンクについて(運営者)

不正乱視はレーシック手術で治るの?

レーシック手術は大きな視力回復効果が期待できる近視矯正手術ですが、最近は不正乱視も治せるという話が話題になっています。レーシック手術で本当に不正乱視も治すことが可能なのでしょうか。

不正乱視とは

乱視とは、角膜が球面ではなく少し歪んで楕円になっていて、目に光が入ってきても屈折が均一にならないため、ぼやけたりダブったりするなど乱れて見える症状を言います。乱視には、正乱視と不正乱視があり、単に乱視というと正乱視のことを言います。では、不正乱視とはどういうものかというと、角膜の表面がデコボコになっているため、焦点がばらばらになっている状態を言います。角膜潰瘍など角膜に異常がある時などに起こるとされています。

不正乱視を治療するには

正乱視はメガネによる矯正が可能ですが、不正乱視はメガネでは矯正することができません。そのため、不正乱視を治療するには、まずはコンタクトレンズが一般的です。不正乱視の場合は、乱視対応のハードコンタクトレンズで治療するのが大半ですが、最近は乱視対応のソフトコンタクトレンズも登場しています。ただし、症状によっては矯正できない場合もあります。

不正乱視はレーシック手術で治るの?

コンタクトレンズで不正乱視の矯正ができない場合は、レーシック手術で治すことができます。実は、従来のレーシックでは不正乱視を治すことは難しかったのですが、最近新しく登場したウェーブフロントレーシックなら不正乱視の角膜のデコボコのような局所的なゆがみを矯正することもできるようになりました。というのも、ウェーブフロントレーシックは最新機器を使って精密な角膜のデータをとってかなり高精度な治療もできるためです。しかも、ハロ・グレア現象などの症状を軽減することもでき、見え方の質も期待することができます。

ウェーブフロントレーシックの注意点

ウェーブフロントレーシックは不正乱視の治療に大きな効果が期待できますが、レーシック手術の中でも新しい手術方法ですので、精度に問題があったり長期的な有効性には疑問があったりします。また、高性能の手術になりますので、一般のレーシックより費用が少し割高になりますし、正確なデータをとるために、検査の1か月ほど前からコンタクトレンズを装着できないなどのデメリットもあります。ウェーブフロントレーシックで不正乱視を治したいという場合は、それらの点も考慮して決めるようにしましょう。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.