レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

レーシック手術と医療保険
HOME >> レーシック手術と医療保険  ※リンクについて(運営者)

レーシック手術と医療保険

レーシック手術は、自由診療ですので健康保険は適用されません。そのため、費用の負担はどうしても多くなります。しかし、レーシック手術では医療保険が適用になることがありますので、手術の前には加入している保険について確認しておくと良いでしょう。

レーシック手術と医療保険

レーシック手術は医療保険が適用になることがあります。現在、多くの医療保険でレーシックは手術給付金の対象になっているのです。医療保険に加入されている方は、レーシック手術が給付の対象になっているか確認してみましょう。

レーシック手術で医療保険が適用される場合とは

レーシック手術で医療保険が適用される場合は「感覚器・視器の手術」などの特約に加入している場合になります。そのため、契約条件によっては手術給付金が受け取れない場合もあります。また新しく医療保険に加入する際、レーシック手術を受ける予定があるのに保険会社に伝えなかった場合なども手術給付金を受け取れないことがあります。そのほか細かい条件などもありますので、詳しくは保険会社に確認してみましょう。

レーシック手術の手術給付金はどれくらい?

レーシック手術の手術給付金は、一般的に3万円〜10万円くらいが支給されると言われています。ただし、加入している保険の種類や条件にもよりますので、金額についても詳しくは保険会社に確認してみましょう。

手術給付金を受けるための手続き

レーシック手術に医療保険が適用されて手術給付金を受け取るためには、所定の手続きを行わなければなりません。まずは保険会社に申請を行います。この時に手術の正式名を伝えなければなりませんが、レーシックは正式名ではなく、レーザー角膜屈折矯正手術が正式名になりますので間違えないようにしましょう。保険会社から診断書の書式を受け取り、病院で診断書を書いてもらいます。診断書の発行には、通常3000〜5000円の手数料がかかります。手術給付金を受け取ろうと思っている人は、この場合の出費も頭に入れておきましょう。

レーシック手術は決して安い手術ではありませんので、現在医療保険に入っていてレーシック手術が給付対象になっているのなら、ぜひ利用しましょう。しかし、最近はレーシック手術を受ける人が増えたためか、保険内容や条件を変更する保険会社が増えているそうです。適切な給付が受けられるように、保険の内容や条件などを今一度確認しておくと良いでしょう。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.