レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

初心者でも分かるレーシック手術と医療費控除
HOME >> 初心者でも分かるレーシック手術と医療費控除  ※リンクについて(運営者)

初心者でも分かるレーシック手術と医療費控除

レーシック手術は、保険が適用されない自由診療の近視矯正手術ですので、受けるとなったら決して負担は少なくありません。しかし、さまざまな制度を利用すれば負担を軽くすることが可能です。その一つが医療費控除です。ここれは、レーシック手術と医療費控除について触れていきます。

医療費控除とは

医療費控除とは、1年間(1月から12月)に支払った医療費が10万円を超えた場合、確定申告をすることによって一定額の所得控除を受けることができるという制度です。レーシック手術は、この医療費控除の対象になる場合がありますので、該当する場合は確定申告をして還付金を受け取るようにしましょう。そうすれば、手術費用をかなり安く抑えることができます。

レーシック手術と医療費控除

レーシック手術は、医療費控除の対象になる場合があります。医療費控除の額については、支払った医療費の総額から10万円(または総所得の5%)を引いた額となります。

医療費控除額支払い医療費総額医療費基準金額(10万円または総所得の5%)

通常のレーシックの手術費用は10〜25万円程度かかりますので、数万円は戻ってくる計算になりますが、生命保険の給付金などをもらっていて支払い医療費総額が10万円を下回るような場合には控除が受けられないということになります。また、管轄の税務署によっては、控除の対象外になっていることもありますので、詳しくは管轄の税務署に相談してみましょう。

レーシック手術医療費控除の手続き

レーシック手術の医療費控除を受ける場合は、自ら確定申告をしなければなりません。申告の際には、病院で発行された領収書が必要となります。レーシック手術自体の領収書のほか検査料や薬代、病院への交通費なども対象となりますので、医療費控除を受けたいという人は領収書をしっかり取っておくようにしましょう。ちなみに、確定申告では本人が受けたレーシック手術以外にも他にかかった医療費や配偶者や子供など扶養している家族の分も合計して申請することができますので、家族の医療費についてもしっかり整理しておくようにしましょう。

レーシックってかなり費用がかかると思っている人も多いと思いますが、医療費控除が受けられれば負担が軽くなりますね。ただし、先程も述べたとおり、実際に控除できるかどうかは、管轄の税務署によっても異なりますので、詳しくは税務署に問い合わせるようにしてください。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.