レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

レーシック手術給付金制度とは
HOME >> レーシック手術給付金制度とは  ※リンクについて(運営者)

レーシック手術給付金制度とは

レーシック手術は健康保険が適用されない自由診療になります。しかし医療保険や生命保険に加入している場合には、手術給付金制度によって、給付金を受け取ることができます。ここではレーシック手術給付金制度について触れていきます。

手術給付金制度とは

手術給付金制度とは、被保険者が手術をする際に保険会社から給付金としていくらが受け取ることができる制度のことです。現在、レーシック手術は、多くの医療保険や生命保険で手術給付金の対象となっています。ただし、どのような手術が対象で、どのくらいの給付金が受け取れるかについては、入っている保険によって異なります。医療保険や生命保険に加入している方は、まずはレーシック手術で手術給付金が受け取れるかどうか確認してみましょう。

レーシック手術給付金はどのくらい?

レーシック手術給付金は、一般的には3〜10万円程度になる場合が多いようです。ただし、加入している保険の条件などによって異なりますので、詳しくは保険会社に問い合わせるようにしましょう。

手術給付金請求の手続き

レーシック手術の手術給付金を受け取るためには、所定の手続きをしなければなりません。まずは、自分の保険がレーシック手術給付金対象かどうか確認しましょう。給付金を受ける場合は、保険会社に病院の診断書を提出しなければなりませんので、手術を受ける病院に診断書を書いてもらうようお願いしましょう。会社によっては規定の書式がある場合がありますので、先に確認しておくと良いでしょう。

手術給付金請求診断書について

手術給付金を受ける場合には、病院で診断書を発行してもらわなければなりませんが、診断書の発行には一般的に手数料がかかります。通常3000〜5000円程度ですが、高いところでは1万円ほどになる場合もあります。もちろんこの手数料は自己負担になりますので、手術給付金を受け取ろうと考えている人は、診断書料に関しても事前に確認しておくと良いでしょう。ちなみに、保険会社に手続きをする際、正式な手術名を聞かれたらレーザー角膜屈折矯正手術と伝えましょう。レーシックという言葉では通らない場合がありますので注意しましょう。

レーシック手術は決して安い手術ではありませんので、医療保険や生命保険に加入していて給付を受けられるのなら、ぜひ利用した方が良いでしょう。ただし、最近はレーシック手術の給付金を受ける人が増えているため、保険会社では保障から外すところも出てきているようです。詳しくは保険会社に尋ねてみましょう。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.