レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

乱視もレーシック手術で治るの?
HOME >> 乱視もレーシック手術で治るの?  ※リンクについて(運営者)

乱視もレーシック手術で治るの?

レーシック手術は、大きな視力回復効果が期待できる近視矯正手術です。しかし、レーシックの効果はそれだけではなく乱視も治せるという話がありますが、それは本当なのでしょうか。ここれでは、レーシック手術と乱視との関係についてご紹介していきます。

乱視とは

そもそも「乱視」とはどういうものなのでしょうか。乱視とは、角膜が球面ではなく少し歪んで楕円になっているのが特徴です。つまり縦、横、斜めのカーブが異なるためピントの合う位置も異なり、光が入ってきても屈折が均一にならないため、ぼやけたりダブったりするなど乱れて見える症状を言います。よく文字などが見えなくて目を細める人がいますが、そのような場合は乱視の症状が出ていると言えます。しかし、一般的にほとんどの人が多かれ少なかれ乱視があると言われていますので、あまり気にする必要はありません。

乱視の対処法

乱視の原因は主に角膜ですが、水晶体や網膜にも関係性があると言われています。対処法としては、軽い乱視であれば度を入れる方向を調整した乱視用のメガネやコンタクトレンズで対応できます。ただし、乱視用のメガネは少し厚めになってしまいますし、人によってはコンタクトレンズが苦手だという方もいらっしゃるでしょう。そんなときに有効なのが、レーシックによる乱視の矯正です。

乱視もレーシック手術で治るの?

レーシック手術は、近視矯正だけでなく乱視を矯正することもできるとされています。ただし、乱視が強い場合は、ある程度角膜に厚みがなければ手術できません。また症状によっては、若干乱視が残ったり新たに乱視になったりすることもありますので、詳しくは適応検査を受けて担当医師としっかり話合って決めることをおすすめします。レーシック手術の種類としては、レーシック、フェイキックIOL、ラセック、ウェーブフロントレーシックでの矯正が可能とされています。

レーシック手術で乱視を治すことは可能ですが、一口に乱視といってもいくつか種類があり、人によってその症状はさまざまです。また、一般に近視や遠視とあわせて症状が出る場合が多いので、その対処法もさまざまです。さらにレーシック手術をうけて視力回復と同時に乱視が治ったという人もいれば、乱視がひどくなったという人もいますので、詳しくはレーシック手術を受ける際に担当医師としっかり話し合って手術法などを見極める必要があります。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.