レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

レーシック手術のリスクと回避法
HOME >> レーシック手術のリスクと回避法  ※リンクについて(運営者)

レーシック手術のリスクと回避法

レーシック手術は基本的に安全性の高い近視矯正手術ですが、全くリスクがないわけではありません。万が一リスクに直面してもうまく対処できるように、レーシックのリスクと回避方法について学んでおきましょう。

近視の再現・視力の低下

レーシック手術の結果、近視が再現してしまうことや視力が低下してしまうケースもあります。角膜にある程度の厚みが残っているなど条件が合えば再手術も可能ですが、症状によっては再手術が不可能な場合もあります。このようなケースも想定して、はじめのカウンセリングや診察の時などから再手術のリスクや対応についてもきちんと確認しておくようにしましょう。

合併症や後遺症の発症

ドライアイやハロ・グレア現象などレーシック手術につきものの合併症や後遺症に悩まされることがあります。ドライアイは、一般的に目薬や涙点プラグなどで治療が可能ですが、症状がずっと続く場合もあるそうです。またハロ・グレア現象も一過性の症状である場合が多いですが、症状が重い場合は夜間の車の運転などが難しくなる場合もあると言われています。レーシック手術にはどのような合併症や後遺症があり、どの程度のリスクが予測されるのかということもあらかじめ確認しておく必要があります。

長期的なリスクへの疑問

レーシックは1995年にアメリカで認可された比較的新しい近視矯正手術です。特に日本では導入されてから10年足らずの手術ですので、長期的な効果やリスクに対しては明らかになっていない部分があります。つまり、20年後30年後にはどうなっているか分からない部分もあるということです。現段階ではその回避法についても分かりませんが、少なくともそのようなリスクがあるということは認識しておく必要があるでしょう。

レーシック手術のリスクの回避法

レーシック手術は安全性が高いといっても、さまざまなリスクが予想されます。これらのリスクを回避するためには、信頼できる病院を見つけることが大切です。レーシックは手術そのものもそうですが、術後の保障やアフターケアも大切です。病院の対応や雰囲気などから、リスクがあった時に適切に対処してくれるかどうかも見極めて病院選びをするようにしましょう。そして病院が決まったら、きちんと適応検査を受けて、自分がどのくらいの視力になりたいのかなどレーシックに期待していることも医師やスタッフとよく話し合うことも大切です。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.