レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

老眼もレーシック手術で治るの?
HOME >> 老眼もレーシック手術で治るの?  ※リンクについて(運営者)

老眼もレーシック手術で治るの?

レーシック手術は、高い視力回復効果が期待できる近視矯正手術ですが、近視と同時に老眼も治るという話もありますが、それは本当なのでしょうか。ここでは、レーシック手術と老眼の関係について触れていきましょう。

老眼とは

「老眼」とは、45歳を過ぎたあたりから、目のピントをあわせる機能が低下して、遠くのものはよく見えるのに、近くのもが見えにくくなる症状を言います。この症状は子供のころから年々高まっていくもので、早い人では30代後半から症状が出る場合もあります。老眼は年とともに進行していくものですので、治ることはありません。手元のピントが合わなくなったなと感じたり、若いころから使っているメガネが見にくくなったりした場合は要注意です。

老眼への対処方法

老眼の対処法としては、老眼対策用のメガネを使うことが一般的です。老眼と同時に近視であることも多いので、それぞれの目の状態やライフスタイルに合わせたメガネを作るのが最も効果的な方法です。最近では、老眼用のコンタクトレンズも登場していますが、人によって合う合わないの差もあるようですので、眼科医で相談してみることをおすすめします。

老眼もレーシック手術で治るの?

レーシック手術も老眼の対処法になるのでしょうか。答えは、現在のところノーです。老眼でレーシック手術を受けた人の中には、以前よりも見やすくなったという人も多く、人によっては老眼の症状が改善されているケースもあるようですが、老眼が完全に治るということはないようです。しかし、老眼を治したいという声も多いので、今後は老眼も治すことができるようなレーシック手術も登場するのではないかと言われています。

老眼が治せる手術があるって本当?

レーシック手術で老眼を治すことはできませんが、画期的な老眼治療方法があります。それは、ニアビジョンCKという手術方法です。これは目の角膜にラジオ波をあてることにより老眼を矯正する治療方法です。レーシック手術と同じアメリカのFDAが認定をしていて、今後注目が高まっていきそうな医療技術です。

レーシック手術で老眼を治すことはできませんが、老眼でもレーシック手術は受けることはできます。また、なかには、レーシック手術をすることによって老眼が早まるという話もあるようですが、実際のところはレーシックで老眼が早まることはないと言われています。レーシックは年齢の上限はなく、老眼の症状が出る40代以上の方も多く受けていますので、興味のある方は眼科で相談してみましょう。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.