レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる

レーシック手術の適応検査の受け方・手順
HOME >> レーシック手術の適応検査の受け方・手順  ※リンクについて(運営者)

レーシック手術の適応検査の受け方・手順

レーシック手術の前に必須となるのが、レーシック手術に適応できるかどうかをみる適応検査です。適応検査はどのような手順で受けるのでしょうか

レーシック手術の適応検査の重要性

レーシック手術の適応検査は、手術に適応できるかどうかを見極めるだけでなく、自分の目に合った安全な視力回復手術を受けるためにとても大切なものです。どこの病院でも2時間程度かけて細部まで検査を行いますが、国家資格である視能訓練士(ORT)が適応検査を担当する病院ならより安心です。ちなみに現在5人に1人は手術不適応と判定されレーシック手術を受けられないと言われています。

レーシック手術の適応検査の注意点

正確な数値を得るために、適応検査の前は一定期間コンタクトレンズを外さなければいけません。コンタクトの装着については予約をする際に確認しておきましょう。矯正視力も測りますので、メガネを持っている人はメガネを持参しましょう。また、検査によっては麻酔薬を点眼することもあり、検査後しばらく目が見えにくくなる場合がありますので、車での通院は控えましょう。

レーシック手術の適応検査の手順

問診票の記入

主な検査

  1. 視力検査  :裸眼、矯正視力、乱視の度数などを測定
  2. 角膜の検査 :角膜の形状や厚さ、屈折率、角膜内皮の状態や細胞の数を測定
  3. 眼圧の検査 :眼圧(眼の硬さ)を検査します。
  4. 眼底の検査 :瞳孔を開いて網膜の異常がないかを検査
  5. 瞳孔径の測定:瞳孔の大きさを測定します。
  6. 眼軸長の測定:眼球の長さを測定します。

カウンセリング・コンサルテーション

手術の手順やメリット・デメリット、注意点などについて、詳しい説明を聞くことができます。少しでも疑問や不安がある場合は、ここで質問をして解消しておくようにしましょう。

診察

手術の適否の結果が伝えられます。手術適応の場合は、医師から手術の細かい説明と診察が行われます。医師に直接確認したいことがあれば、この時に聞くようにしましょう。

レーシック手術の適応検査の料金

レーシック手術の適応検査の料金は一般的に3000〜5000円程度ですが、キャンペーンやチケットの利用やなどにより無料になることも多いようです。詳しくは各病院に問い合わせてみましょう。

このように、レーシック手術の適応検査は時間をかけてかなり細かく行われます。しかし、レーシックの適応検査を受けたからといって、その病院で手術を受けなければならないということはありません。説明や対応がいい加減だったり不安を感じるようであれば、他の病院を探しても良いでしょう。ただし、レーシック手術の適応検査は一般的に手術の1〜2か月前に受けるものです。一定期間を過ぎると検査をし直さなければならないこともありますので注意しましょう。

適応検査・相談が無料のレーシック眼科

そもそもレーシック手術を受けられるかどうかは、適応検査を受けてみなければわかりません。レーシックの副作用や後遺症などについてある程度知識を蓄えた後は、実際に検査を受けて、専門眼科医に直接たずねるのが最良の方法と言えます。ここでは、検査・相談が無料の眼科をご紹介しますので、参考に選んでください。

  1. 品川近視クリニック −60万症例以上の実績(記録世界一)がある信用性の高い眼科
  2. 神奈川クリニック眼科 −手術質のクリーンルームに定評のある安全性に優れた眼科
  3. 錦糸眼科 −日本で始めてレーシックを実施した歴史ある信用性の高い眼科

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術で視力回復!後遺症・副作用もわかる All Rights Reserved.